メイプルシロップ牛乳


オンラインゲーム、メイプルストーリーの非公式ファンサイトです。そしてレフトフライのブログです。
by runarudomoun
カテゴリ
全体
俺のリア日記
俺のメイポ日記
俺のメイプル
俺の弓使い
世間のこと
考え事
自分のこと
私信
その他
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳

カテゴリ:俺のメイプル( 5 )

サブ、

私のIDにはサブキャラがいません、

レベル41の裸の弓使い(露店兼倉庫専用)のキャラと、

126の弓使いレフトフライの2体です。

41の弓氏のほうは一応メインでしたw

こいつは破魔弓師として育てたので。育成に行き詰ってすぐに通常弓氏(レフトフライ)

を作りました。

以来、レフトフライ一本でここまできました

というか、レフトフライ一本じゃなきゃここまでこれなかったでしょう、

一時は、

「俺がDでくるわw」

とか

「サブの投げいってきまー」

とかの時に、ぬぉおおお!うらやましいぃぃ、ちくそー

とか思った時期もありましたがw

今は後悔しておりません^^

ワンキャラに絞って良かったとおもってます

もともと弓大好きだったけど、

2次、3次、4次を経験するごとにさらに弓の魅力を発見し実感できましたw

正直いうと、サブキャラめっさ作りたくなって

特に俺はドラゴンナイトに強烈憧れを持ってって

装備品を一式集めたことがありますw

パルチザンとか、強化タオルとかww

でも、やめました

理由は、  「なんかいややなぁ~;」

って心のどっかでなったことです(ぉ

これからもレフトフライ一本で行きたいと思ってます、

キャラが一定だと、人間関係も育みやすいよね^^

まぁ、世間の視野がせまくなるっていう反論もありますが・・・;

もし、万が一僕がサブキャラ育成にハマることもないとも言い切れません(ぁ

そんなときはみなさんのお力で、どうか気付かせてやってください><

僕は花梨に移って約一年と3ヶ月、このキャラで

日々めいぽにINして、狩してレベル上げて、

友を作り、資産を増やしてここまできました。

やっぱちがうのよね、、、

たま~にですよ?

サブ露店キャラでルディクエに誘われたりするんですw(強制)

そんでサブでINすると、当然、友0、所属ギルド無し、

ルディクエ中も、なんか気分乗らないのよね;

本来は、みんなでなんかすんの大好きなんやけど

妙に大人しくなったり、テンションも乗らない、

これの理由はレフトフライじゃないからだなww

そう思いますb
[PR]
by runarudomoun | 2007-04-16 11:20 | 俺のメイプル

昔話、

僕は、かえでサーバーから花梨にきた、今日はそのかえで時代のお話、

s君というリアともがいた、

彼にメイポの基本を教わった、

初めの島で僕は行き詰って、不安なときにs君は内緒でビクトリア島からはげましてくれた、

初めて会えたとき、彼はガーネットヘルムを装備して、竹やりを持っていた、

俺の超遅いチャットにも合わせてくれた^^

何も言わず人気を1上げてくれたw


彼はレベル25で超強かった(このとき俺はLV8とか)

豚をボンボン倒していく姿は強烈にあこがれた、

このときは気づいていなかったけど、僕に吸わしてくれていた^^

僕はいつも後ろについて回った、僕の質問にはすべて答えてくれた、

その彼がラグが悪化して、ほぼINできなくなった・・・・

僕は一人になった、本当に一人

ともろくは彼だけ、

それからしばらくはずっと孤独だった。

いゃ、逆に人の集まる場所を避けてた

エリニアの過疎狩場で、黙々を敵を狩り続けていた、、

他のキャラが怖かった、

チャットの遅い俺の話を聞いてくれる人はs君しかいなかった、

まくし立てるような早いチャット、、

記号だらけの意味不明な文、、

目がチカチカするようなアバター、、

当時の僕からしたらありえない火力、、

びびった・・怖かった、、、

しかも俺は一人、

でも、s君に追いつきたかった、人気を上げ返したかった、僕は毎日inして孤独に狩っていた



ある日、リアともパワさんがやってきて、メイプルやってみよう^^といってくれた

今度は僕がs君から教わった知識を教える、

それから、いつもパワさんといた、

パワさんは、あっという間に、僕の知識とレベルを抜いたw

俺が弓使いで、パワさんが戦士、へんな組み合わせだけど、大体いつも同じ狩場で狩った

パワさんがスノボーで敵を押してる間に後ろから僕が撃つそんなスタイル^^

パワさんは僕より少し先をいってた、

サブキャラとかも作ってたし、露店許可書を買ったのも彼の方だ、

俺はフリマとか寄り付かなかったし、全財産でも買える物などないと思っていた、

彼は、許可書買う前からでも、フリマ入り口でクリスマスアルファベットを売っていた、

全財産20000メルの僕にとったら、アルファベットのSやMの500kとかは、ありえない数字だ

メルは敵を倒したETCを店に売って稼ぐものだと信じて疑わなかった俺はびっくりした@@

僕が人にはじめて売ったアイテムは、サファイヤの原石10個、

ありの巣で狩をしていたら、強そうな人が来て「サファイヤ持ってますか?」と聞いてきた。

知らん人に話しかけられてびびったけど、以前にスルラを鬼狩りしたときのETCの中に

サファイアが60個あった、

サファイヤを店で売らなかったのはs君が「宝石類は残しときなさい」と言っていたからで、

まぁ10個くらいなら、いいだろうと思って交換窓に、10個出した。

「いくらですか?」って聞いてくるので、「わかりません」と答えた、

このとき俺は、サファイヤは店売りで150メルだったから、1500メルかな?

とか、思ってた・・・・

実際だされた価格は30万メル(゚Д゚;)

・・・・・・・・

あ然

ほんとうにいいの?って3回くらい言ったと思う

当分この30万メルで薬代をまかなえたw

この30万メルを持っていざフリマに出陣したけど、買えるものなんてほとんどなかった;;;



スーパーレフ(マイキャラ)は35まで狩場1の一番上で狩ってた、他に狩場なんて知らなかった、

ありの巣も知らなかった・・

あのころは何も知らなかった

へねしすの→にいるゴーレムがボスだと思ってたw

鉄ピグが最強モンスターだと思ってたw

みんなキーボードでプレイしてると信じて疑わなかったw

オルビスとかルディとか知らなかったw

昭和もしらなかったw

わけもなくフロリナビーチにいって殺されたりしたw

ゴールドマンも知らなかったしw

鯖落ちってなんだろう?とかw

マクロ探知機ってナニに使うの~~~w

水シュリ俺でも投げれると思ってた・・・・(´・ω・`)ショボーン

ベンチに初めて座れたときは感動したしw

薬を100個一気に買うのはすっごい抵抗があったw

15個ずつくらいしか補充しなかった^^

こうれべのひとが召還したエイリアンの包みから出たエイリアンに必死に攻撃ww

そいつが落としたETC(宇宙船みたいなの)は絶対超レアアイテムであると信じてたw

説明にも「何か特別な操作法があるようだ・・・」みたいな思わせぶりなこと書いてあってので

(゚Д゚;)「今、俺が拾ったの誰も見てないかな?((;゚Д゚)ガクガクブルブル」

とか、あせってたw

楓を去る時まで大事に持っていたよw

ゴールドマンを知ってからは、そこに預けてたw

「安心だよ~」とか言ってるから、ここに預ければ失くしたり盗られる心配はない!と思ってた

てか、今も残ってるかもw

 思い出すね~


いろいろと・・・・

う~んw

過去に思いをはせるのもまたよろしいかと、

ノシ
[PR]
by runarudomoun | 2007-02-08 18:45 | 俺のメイプル

記号

メイプルをはじめたとき、あることに悩まされた、それは、ネット上に通じる記号である。

一番初めに知った、ネット用語というかなんというか、それは、「w」である。

これは、ネットする前からも少し知っていた、使うやつがいたからだ、

笑うっていうニュアンスがあるのは知っていたけど、こんなに大量に使われてるなんて

知らなかった、この記号以外は全部めいぽで知った。

あげてみようかな、「orz」 「おk」 「あり」 「こん」 「おか」 「おめ」 「b」 「;;」 「^w^」

「unk」 「mjk」 「ワロス」 「テラワロス」 「キモス」 「ノシ」 「ノ」  「マターリ」 「><」 「^^;」

まだまだあると思うが思いついただけ、

こういう知らない言葉に出会ったときは、不安になってしまう、

他の人には伝わっているのに、俺にはわからない、

まぁわかってしまうと、なるほど便利な記号であって、いまや、使わないと

十分に気持ちを伝えられないんじゃないか?とさえ思ってしまう。

しかし、だたの記号であるのに、すごい力だなって思う、やぱっり文字でしか

コミュニケーションを取れない環境にあったためか、みんな非常に文字に気を使う

タイピングをある程度マスターした人なら、漢字に変換するのは当然のこと、

顔文字、記号、小さい音(ぁぃぅぇぉゃゅょっ)などを使ってより良い印象を与えようとする

「俺に任しとけ」→「俺に任しとけぇ~~^w^b」になったり、

「お疲れ様」→「おつかれさまぁ~~♪」となるのである。

あなたはどうかわからないが、僕には、後者のほうが、気持ちがバンバン伝わってくる

印象を受ける、。これらの、コミュニケーションはお互いが知っていないと意味がない

めいぽのなかでしか通用しない、けど、この限られたなかでなら、真価を発揮し

文字だけでは伝わらないニュアンスまで、伝えることが可能だ、文字だけのコミュニケーション

では、誤解を招いてしまうことも多いだろう。そんなトラブルを防ぐためにも

記号は必要で、そしてすばらしい、
[PR]
by runarudomoun | 2006-12-05 02:29 | 俺のメイプル

メイプルストーリーの思い出1

キャラはできた、名前も付けた、そこで小学校からの親友、s君は満足げに帰って行った。

俺も嬉しくて^^とりあえず始めてのキャラを動かしてみる、→を押すと右へ、

←を押すと左へ動く、おぉ~~~^^ しかし他の動かし方がわからない;

とりあえず全部のキーを順番に押すことによって解決しようとした、結果いろんなものが

画面に表示されてかなりあせったけど、攻撃ボタンを発見した、やった^^

進んでみよう!とおもって右にちょっと進むと段差があった。

・・・・・・・・登れない;;登れないぜぇ~、s君に早速メールb~~~「cがジャンプだよ、

つか、それくらいわかるだろ?あーp押したら設定見られるからそれで頑張れ」

との暖かいお言葉で、第一難関『段差』をクリア~

設定が見れたらなんでもわかるぜぇ^^と調子に乗ってどんどん進む、途中で

なんかコンピュータっぽいのがニコニコしているが、まわりをうろうろしても

攻撃してもどんなボタン押しても反応がない・・・・飾りだろうか?と思って

どんどん進んだ、このときレベル4だったか、初めて他の人のキャラを見た、、

このときすでに俺は笑いかけるボタンを知っていた!設定に乗っていたのだ。

僕が笑いかけるとほぼ同時にその人は死んだようだった・・・・・上からお墓が落ちてきて

彼の体かキャスパーのようになってしまったのだ。このとき初めて死ぬとこうなることを知った

彼はゆらゆらゆれて少しして成仏していった。俺はこのとき回復薬など1個しか持って

いなかった、しかも使い方がわからないこの恐怖から俺はs君に電話した!

俺「回復薬ってどうやってつかうん?」 

s君「ん~?あぁマウスでダブルクリックよ」

俺「なにぃ!マウスなんて使うのかこのゲームに、知らなかったぞ!設定にもなかった!」

s君「じゃあNPCのクエストもぜんぜんやってないやろ?笑)

俺「なんじゃそら~?」

s君「コンピュータみたいなキャラあれダブルクリック、んじゃ試練みたいなのをさしてくれる」

俺「ありがとー^^」・・・・・・ガチャ

さすが、sだ、頼りになるぜ!マウス、マウスっと・・・・あーそうだった;:

このくそノートPCにはマウスなんてついてなかったんだ。僕はタッチパットで

することに、・・・・・・・・できた!よかった^^

こんな感じで一つ一つのことに一喜一憂してたなぁって思う

う~ん懐かしい
[PR]
by runarudomoun | 2006-11-30 19:50 | 俺のメイプル

メイプルストーリーの思い出(初期

私はこのゲームをまぁよくも飽きずに1年以上やっています。

うん、おもしろいね^^じゃあこのゲーム始めたきっかけを書こうかな。

このノートパソコン2001年に父親が買った、もう6年以上前のパソコンです。

これ家族誰も使わなくて放置されているうちにいつの間にか、僕の部屋に

回ってきました。僕もたまに調べ物やソリティアするぐらいでなんもしませんでした

ある日僕はゲームがしたいと思いました、そのときはもちろんPS2ゲームしか頭になくて

新しくて面白いゲームなんかないかなぁ~と思って、調べてみることに。

リンクリンクで飛び回っている間に、偶然メイプルストーリーを見つけました。

「無料オンラインゲーム!」の文字でやってみようってきになってクリック!

すると、会員登録してくださいのメッセージが!俺はネット初心者、こんなの

怖くてできない。。う~ん、悩んだあげく偽名で登録することに・・・・・

正直会員登録なんて初めてだったから登録だけでだいぶ苦戦した。

何回やっても、入力不具合が出るし、住所や電話番号まで登録しないとだめなんて

知らなかった、ダウンロードとかインストールとかも頑張ってやっていてたぶん

このとき、すげーアドレナリン出てたと思う、とにかくなんか必死だった。

やっとできたー!!^^ってなって、俺は、デスクトップにでたかわいいキノコの

アイコンをクリック!、始まりの音と会社のロゴがでてなにやら変な画面が出た

なにかわかならいが、それ以上進まなくなった。もうこのときは『ガビーン』でした。

おぉ~このくそげーめ!!!こんなに苦労したのにどういうことだーーー!

そしてその日はもう寝ました、

数日後・・・小学校のころからの親友からメールが届きました。「メープルストーリー

って知ってる??」、、なにぃあのくそげーのことか?と思って、『あぁ知ってるよ、面白くないよ

だってできねーもん」と返すと、そのあとやたら説得してくる;、やろうぜ?なぁ?と

最後はうちまで来てなぜあの時できなかったのか、すべて解決してくれた、

今思えばここから始まった確か2005年10月25日だ

パソコンの画面に映る自分のキャラクターに夢中になった、名前はスーパーレフと付けた

その親友と同じかえでサーバーで作った、ここからかえで時代が始まった
[PR]
by runarudomoun | 2006-11-30 19:10 | 俺のメイプル


最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧